個人間カーシェアサービスAnyca

街を歩いているとき、ふとかっこいい車に乗ってみたい。車があれば便利なのにと思ったことはありませんか?

でもそのあと、車なんて買えない、買えても維持費が高い、レンタカーも条件が合わなくて高いなんて考えてもんもんとした経験はありませんか?

そんな想いをすっきり解消してくれるサービスがAnyca(エニカ)の「個人間カーシェアサービス」です。

個人間カーシェアサービスAnyca(エニカ)

Anyca(エニカ)とは

車使っていないときは使いたい人にシェアしたい「オーナー」と、車を使いたい「ドライバー」を繋げてくれる個人間カーシェアサービスです。

会員登録や月額基本料は無料で、必要なのは、なんと利用料金だけです。
利用方法もとても簡単で、まずスマートフォンにアプリをダウンロードし、会員登録をし、アプリで場所・日時・車種から好きな車を選んで「予約リクエスト」を行い、あとは「リクエスト承認」を待つだけです。

料金支払いも事前に登録したクレジットカードによる決済なので、オーナーとドライバーの間で面倒な現金のやり取りを行う必要がありません。

Anyca(エニカ)とは

サービスを提供するDeNAは利用時の手数料10%を取り、残り90%をクルマを提供したオーナーが受け取ることで成り立っています。

日本ではC2Cカーシェアリングはエニカ以外にほとんどありません。
米国であればRelayRidesやGetaroundなどがこのビジネスモデルでサービスを展開しています。

ポルシェから痛車まで車種の多彩さが魅力

Anyca(エニカ)は痛車もOK

利用者は一般的なセダンやコンパクトカーはもちろん、高級外国車やエアロをガチガチに固めたスポーツカー、さらにはポルシェや痛車(漫画、アニメ、ゲームなどに関連するキャラクターの塗装やステッカーを装飾した自動車のこと)まで、気分やシチュエーションに合わせて好きな車を利用することができます。

タイムズやオリックス、カレコでは、現在様々な車種を導入しているものの、コンパクトカーの比率が高いのに対して、様々なオーナーの車を利用できる「Anyca(エニカ)」では、車種の多彩さが際立ちます。

2016年1月の時点で、東京を中心に車両登録台数は800台を超えており、今後さらに増え、より個性的な車に乗れる可能性も高まるでしょう。

自動車保険に自動加入♪

Anyca(エニカ)の自動車保険

万一の事故に備えて東京海上日動の1日自動車保険(ちょいのり保険)に加入することになります。
予約が確定すると自動的に保険に加入する仕組みなので、手続きの手間はかかりません。
補償内容は、対人・対物無制限。車両補償やロードアシストサービスもついています。

サポートは、24時間365日対応です。利用者もオーナーも安心してシェアすることができます。
ただ、「個人間カーシェアサービス」ですので、他のカシェアリングと違って利用時間の延長はできません。
とはいえ、“乗ってみたい”に出会えるカーシェアアプリ「Anyca(エニカ)」日常に、あるいは素敵な時間に、利用してみてはいかがでしょうか。

車って自動車税・重量税・車検代・ガソリン代・メンテナンス費用・駐車場代・ローン代など維持費がかかり、持っていたら便利だなと思ってもなかなか購入出来ませんよね。

経費がかさんで今の給料では貯金ができない、毎月の生活が苦しいと感じている人も少なからずいるのではないでしょうか。そんな悩みを解決してくれるかもしれないサービスがあるとしたらどうでしょう。

Anycaならそんな車を持っている人ならではの悩みを解決するお手伝いをします。

Anyca(エニカ)って結局なに?

カーシェアサービスの一般的なイメージは「企業が提供する車を複数人がシェアする」といった借りるためのサービスではないでしょうか。

しかし、これからご紹介する個人間カーシェアサービス「Anyca」(エニカ)のイメージは「個人が手軽に車を貸すことが出来る」個人が所有する車を個人間で貸し借りするサービスなのです。どのようなサービスなのでしょう。

Anyca(エニカ)なら毎月収入が入る可能性も!

月々の受取収入額が平均で25000円

車の維持費ってかかりますよね。そんな維持費を少しでも軽減できるサービスがAnycaです。カーシェアリングに登録すると月々の受取収入額が平均で25000円程得ることができます。25000円あれば好きな飲み会に参加するのも良いですし、家族サービスにもなり喜ばれるので一石二鳥です。
東京都を中心に登録されている車の数はなんと800台以上なので利用者の希望に沿った内容で借りることが出来ます。

新聞やテレビなどでも紹介されているので知名度が高いのも嬉しいですよね。

公式サイトからあなたの車が月々いくらの収入になるのか簡単に検索することが出来るので是非検索してみてください。

Anyca(エニカ)を通じてコミュニティの形成が出来る

Anyca(エニカ)は仕事をしていて普段車を使わない人にとって維持費を賄えるだけだはなく、ドライバーとの相互レビューシステムにより健全で安心なコミュニティ作りのきっかけになります。

ご近所さんや車好き同士のコミュニティを作ることも出来るので友人関係が広がりあなたの毎日が彩られること間違いありません。

さらに、Anycaは信頼できるドライバーのみにシェアできる仕組みが出来上がっているので借り手のプロフィールや過去のレビューなどを見て貸すか判断することが出来ます。

この人には貸したくないなと感じた時にはリクエストを断ることも出来るので安心です。

エニカはあくまで個人間取り引き、リスクがあるのも事実。

エニカが不安な女性

エニカ(Anyca)で気をつけたい点についてもご紹介しますね。

エニカは、あくまで個人間カーシェアリングサービスです。

基本的には貸し手と借り手のやりとりで完結させるので、トラブルはつきものなんです。

借り手がクルマを擦ったり、クルマを乗る以上は避けられませんね。実際にそういった例も多々あるようです。

なので、普段使いのクルマをエニカで借りるのはリスクが高いです。

あくまで乗りたい憧れのクルマをレンタカーより安価で借りられるところに魅力があります。

今なら三井のリパークの「カレコ」がおすすめ!

カレコ

エニカで個人間カーシェアリングも良いですが、やっぱり安心して利用するなら【カレコ】がおすすめ。

あの三井のリパークが運営しているカーシェアリングサービスで、首都圏や関西圏に次々とオープンしているんです。

初期費用、月額費、ガソリン代、すべて0円です。

宿泊・レジャー施設優待やおでかけ特典など会員特典も充実しているところが嬉しいポイント♪

Tポイント

しかも今ならカレコの利用でTポイントが貯まります!

インターネットから申し込めば気軽にスタートできて、最短当日から利用できますよ。

投稿日:2016年6月8日 更新日:

Copyright© Anyca(エニカ)のカーシェア徹底調査 , 2018 All Rights Reserved.