Anyca 盗難

カーシェアリング

Anycaで盗難(乗り逃げ)にあってしまった!?どうすればいいの?

更新日:

最近では認知度が高まってきたDeNAのエニカ、CtoC(個人間取引)で車を借りられるためレンタカーよりかなり安いと話題です。

そんなエニカですが、まだまだ気になることが多いですよね?今回はエニカを利用している最中に車が盗難にあった場合、どうなるのかを検証してみたいと思います。

Anyca割引クーポンコード

2019年6月末まで、もれなく2,500円の割引クーポンがもらえます!
車のオーナーになればAnycaのプラットフォーム利用料10%1ヶ月無料

Anyca(エニカ)で盗難(乗り逃げ)に合うとどうなるのか?!

Anyca(エニカ)を利用して車を借りたい場合、利用者は自動的に保険に加入することになります。

エニカには東京海上日動火災保険と共同で用意した「1日自動車保険(車両補償付きプラン)」という保険があります。

エニカの利用者は、オーナーと契約が完了した時点で、必ずこの保険に加入する仕組みとなっているのです。

Anyca(エニカ)の1日自動車保険に車両盗難保険は無し!

Anyca車両盗難保険無し

この1日自動車保険の保険料は1日あたり1500円となり、車を借りる費用に加算されて引き落とされることになります。

保険の内容はザッと下記のような内容となっています。

1日自動車保険の内容

  • 対人賠償責任保険/無制限
  • 対物賠償責任保険/無制限
  • 搭乗者傷害特約/1000万円(一時金10万円)
  • 自損事故傷害/1000万円(一時金10万円)
  • 車両補償/限度額300万(自己負担15万)

エニカを利用中に事故を起こしてしまった場合をカバーする内容となっていますが、車が盗難された場合の保険は含まれていません!

つまり、車両盗難に合った際は、利用者自身が弁償しなければいけない仕組みになっています。

この点を事前に知っておかなければいざという時、大変なトラブルになりかねませんのでご注意ください。

利用者の方は、念のためオーナーに車両の盗難保険に入っているかどうか確認しておくと良いですね。

Anyca(エニカ)の特徴

エニカ デート

では、エニカのサービスの概要について簡単におさらいしておきましょう。

エニカは自動車オーナーが普段利用していない時間や曜日などで貸し出しを行うサービスです。

月額料金などは発生しません。

利用者が支払うお金は車の利用料金のみとなります。

ポルシェ、ベンツ、アウディ、アルファロメオなど高級車と言われる車も多数登録されていて、レンタカーでは高くて手を出せない車も安価に乗ることができます。

そのため高級車の利用者の多くはお金に余裕がない大学生などが、憧れの車でドライブやデートに使うといったケースが多いようです。

ですが、エニカにもメリットばかりある訳ではありません。

車両盗難も含めて多数のリスクがあります。

エニカを利用するデメリットについても見ていきましょう。

Anyca(エニカ)で車を貸す場合のデメリット

車両補償は自己負担15万円

エニカの1日保険の車両補償は限度額300万ですが、自己負担が15万円のため、万が一の時には15万を払わなくてはいけません。
通常レンタカーでは払わなくていいお金ですよね。
エニカを利用する場合は、お金が無い時に利用するのは危険なのです。

高級車で事故を起こすと大変なことに!

Anyca高級車事故

エニカの1日保険の車両補償は限度額300万円ですので、

高級車を借りて事故を起こした場合、300万円でまかなえない可能性もあります。

300万円を超えた場合は自己負担となるので、高級車を借りる場合は特に注意が必要です。

知らぬ前に傷がついていた!

Anyca 傷

エニカはあくまで個人間取引なので、傷のチェックなどはオーナーと利用者双方だけで行います。

ついていないはずの傷を後で気がついた!

などのトラブルも起こり得るんです。

走行距離がのびる

走行距離制限もありますが、オーナーは貸した回数が多いほど走行距離が伸びるため、車を売りたい時の査定額に影響するリスクがあります。

このようにAnycaで車を貸すことが良いことばかりではないので充分に頭にいれておきましょうね。

車の盗難トラブルを未然に防ぐために

Anyca盗難トラブル防止

オーナーの方は上記で解説してリスクをしっかり考えて車を貸すことが重要です。

一方ドライバーが車を借りているときに車を盗難されないようにするにはどんなことに注意するべきなのか、ポイントを3つお伝えします。

①必要ない時間は借りない

エニカは24時間単位で車を借りることができます。

なので、夜から車を借りることも可能ですが、車の盗難防止を考えるとやはり夜の方がリスクが高くなります。
もし車の必要ない時間があれば、その時間帯は借りないようにすることでリスクを避けることができます。

次の日の朝から使いたいから、夜のうちに借りて近所のコインパーキングに停めておこう」と考えるのではなく、出来ることなら必要な時間だけを借りる方が良いでしょう。

②外から見える荷物を置かない

これは車上荒らし防止の基本的な注意点ですが、車内に外から見える荷物は置かないように気をつけましょう。

財布や貴金属、スマホやPCといった高価なものだけではありません。

明らかに貴重品の入ったバッグなどを、外から見える位置に置いている場合は車上荒らしに合う確率も高まります。

それ以外にも誰も盗む人はいないと思えるようなものでも、他人からみたらどのような価値になるかわかりません。

もし手に持っていけない荷物がある場合は、すべて目につかないトランクなどにしまうようにしましょう。

③駐車場は出来るだけ安全な場所へ

自動車の盗難場所は駐車場がとても多くなっています。

特に夜間の駐車は注意が必要ですが、昼間でも車上荒らしや自動車の盗難は起きています。

ひっそりとした誰もいない駐車場ではなく、なるべくひと目につきやすく防犯カメラ、防犯灯などの設備がある駐車場を選びましょう。

特にアウトドアに出かける場合は注意が必要です。

アウトドアをする時は、なるべく身軽でいようと考えがちです。サーフィンや釣り、スノーボードなどをする際は、荷物を車内に置いていく場合があるので狙われやすいのです。

また、遠くからドライブに来ていると思われ、多額の現金やクレジットカードが車内に残っていると思われるケースもあります。

まとめ|車を盗難リスクを考慮して利用する

エニカは好きな車を自分の車のように気軽に使える楽しいサービスです。

ですが、高級車であればあるほど盗難のリスクが高まるのも事実です。

車を借りる側のドライバーも貸す側のオーナーも盗難リスクや保険のことをしっかり理解してサービスを利用するようにしましょう。

【期間限定】今だけキャンペーン実施中!もれなく2,500円OFF!

C2Cカーシェアリングサービス エニカ(Anyca)

気軽に憧れの車を借りることができるAnycaですが、今だけの友達招待キャンペーンを実施しています。

キャンペーン期間中にクーポンコードを使ってAnycaに登録すれば、レンタルした車の利用料が2,500円の割引となります。

さらにオーナーとしてレンタルする場合は、プラットフォームの利用料が1ヶ月間無料!クーポンコードは下記のリンクに掲載しています!

Anycaにまだ登録していない方、ぜひチェックしてみてくださいね♪

Anyca割引クーポンコード

2019年6月末まで、もれなく2,500円の割引クーポンがもらえます!
車のオーナーになればAnycaのプラットフォーム利用料10%1ヶ月無料




-カーシェアリング
-

Copyright© Anyca(エニカ)利用完全ガイド , 2019 All Rights Reserved.